私のヘアスタイルは記憶にある限りほとんどセミロング~ロング。

いちばん短くても肩につくくらいのボブで、それこそ、その時々流行っているようなやつを

雑誌の切り抜き持っていっては、お願いしていた。

高校生のころはストレートロングに前髪カーラーでまいてたたせたり

卒業後、毛先にちょろっとパーマかけてたり

大学生のころは、Cancam愛読して巻き髪してみたり

外はねさせたり

あげくのはてにだんだん茶髪にも拍車がかかり・・・

わりと優秀な国立大の理系なので、他大学生からは「そうは見えない・・・」と。

それが、最近小学生以来のショートになった。

11月のある日。

いまやってもらってる美容師さんは4年ぐらいのつきあいで、

かなり、慣れてきて信頼しているせいか

「前髪、どうにかして」ということだけ伝えると、髪をみながらいろいろ考えている。

いつも、今いちばんどうにかしてほしいとこだけを言ってあとはおまかせにしてるので

「色はこれにして・・・、長さはこのくらいでやってみましょう・・・」

「はいはい」適当に返事。

・・・おいおい、さくさく切ってるね。ていうか、ショートじゃん!

おわってから「ぼくからのサプライズです(笑)どうせやるなら、このくらいしないと」

切ってとか頼んでもないのに、普通の人なら怒る人もいるかもよ。

そこは、お互いの信頼関係で、けっして変じゃなく、あたし、意外とショートもいける・・・

昔なら嘆いてたと思うけど、最近は、どうせのびるしね、なんでもやっちゃえって気になりました。

短くなると、今度は1ヶ月ぐらいで「伸びた?伸びてない?」って気になります。

この美容師さん、私の髪質、くせ、めんどくさがりなとこ、そろそろ来るころ、勝手に前髪切るななどと

いろいろ読まれてて、さすがプロだなと感心します。だめなものはだめってはっきり言ってくれるし。

昔、「菜々子みたいにして(顔はどうなんだよ)」って注文したら「長さがたりん!あと1年はかかるし、ちゃんとまかないでしょ。むりです」そうだよ、ちょっと言ってみただけだよ・・・

昨日も行って、こんどはパーマかけられました。シャンプーしたらすごいことになってる。ちゅるちゅる。

もう、どうにでもなれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)