奄美

017 002

奄美出張いってきました。

奄美大島の南西にある加計呂間島のとある施設への往診です。

男はつらいよ第48作目?最後の作品の舞台らしいです。

台風前の静けさですかね?

空の青、海の青、のんびり。

200707111742000

奄美大島からさらにフェリーで15分。

離島の離島でも大きさはかなりあって2000人ぐらいの人口だそう。

施設の目の前にプライベートの船着場があるので

専用の海上タクシーでみんな通勤。011 なんか、ふつーにダイビングに行ってるような、ちっちゃい漁船で移動。

皆にとっては日常ですが、初めての私には超新鮮。004 夕方の余った時間でちょっと観光。006

パパイヤの木が南国~。

10~12日の仕事で、最終日には台風接近とのことで、住人のみなさん、すごい買いだめ。

翌日のフェリーと飛行機の欠航がきまってるのでみんなあわただしい。

014 かけろまのフェリー乗り場でみんな大荷物かかえて降りてきてます。

台風ってこんなに準備するんだっけ??と思いましたが、

このへんの台風はまだ勢いがすごいので、停電なんかもしょっちゅうらしいです。

夕方のひこうきまで時間があったので、念願のマングローブカヌーへ!

015

日差しが少なめとはいえ、気温は30℃、湿気もすごい、

台風前で風もあって、漕ぐのもちょっと力がいります・・・

カヌーが終わったのが12日午後3時半過ぎでしたが

その後見た海は、すでに荒れ始め、白波がたってました。

サーファーにとってはBig  Wave、ってかんじ。

仕事なので自由時間はすくないけれど、それなりにおもしろい、

そして、ディープな奄美。

念のため言っておきます、あくまでも仕事です。

出張診療です。

今回の収穫はこれ。

200707131945000

高倉味噌。

味噌汁用ではありません。

鹿児島、沖縄でメジャーな豚味噌やピーナツ味噌など

お茶受け用や調理味付けためのみそ。

これでゴーヤチャンプルつくったら、やばい。うまいです。

ゴーヤ味噌(甘味噌漬けみたいなもの)もいいです。

大豆の食感が残ってなんともいえないおいしさ。

奄美大島でしか作ってないそうです。

お料理好きな方、ぜひ使ってみて。奄美のおいしさ、普及させましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どなどな

200706241229000_1 売られてゆ~く~よ~(; ;)

ごぶさたしてます。

仕事、出張、忙しくてなんも書く気になれません。

またまた牛ちゃん。黒毛和牛?

某島からのフェリーに乗り合わせた牛です。

1週間、島診療にいってました。

どれほど、本土に戻りたかったことか・・・

今回の島、というか島の民宿、

なかなかサバイバルで・・・

島の名前、宿についてはあえて言わないことにします。

まだまだ巡回診療残ってますので。

また、来週は奄美です・・・・

鹿児島は県内の移動ってだけで大変です・・・ふぅ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

労働基準法

最近、ネットや地域の相談センターで「労働基準法」について調べています。

というのも、うちのスタッフたちの休日が管理職側からの通達で、

最低の週1日休みがとれなくなりそうだからです。

うちは、1週間を超える出張が多々あって、どうしても土日をはさんでしまうのですが、

離島の無医村なので当然前後の移動日以外は全て診療を行います。

昨年までは、その土日の出勤分は、帰ってきてから振り替えて休んでいたのですが、

今年度から、

「出張中の土日は、勤務計画表には土曜日半休、日曜日休日で提出。

その分の休みをとりたいなら、帰ってきてから年休でとるように。なぜなら、出張手当1日2500円出ているでしょ。」が、管理者の意見でした。

ということは、どんなに島で働いても1日2500円?時給300円相当ですよね。

出張手当は、家を空けて遠く島に缶詰拘束されて長期働くことへの報酬です。

別に行きたくなければ行かなきゃいいんですから。

人がいないので行かざるを得ないのです。休みの代償ではないのです。

んでもって、その分の休みはどこへ?年休使え?

入りたての新人さんは年休つかないぞ。

6泊7日拘束されて、そのまま帰ってきても連勤か?

下手すると月に2~3回出張にあたるので、それだけでも休みにくいのに

帰ってきても休日急患当番や、平日は私と一緒に診療もあるので

どこで、どう交代して休むか大変なんです。

医療の仕事って肉体労働なんですよね~。

それって過労になっちゃうし、医療事故の原因でもあるんですよね。

理系人間の私が聞いても「は?おかしくね?」と

一瞬で感じる疑問点。

聞いたスタッフは当然ブーイング。

現場で直接の上司にあたる私にも軽く怒りがわいてきました。

以前、彼女らと管理者とで賃金のことでトラブルがあったときに、

本人たちが直接交渉すると、「なんだね、その口の聞き方は!!」と

逆切れされたので、

直談判が通じないことがわかっていますから、

かわりにまず課長を通じて、それでだめなら私が直接交渉の段取りで

なるべく感情的にならないよう、法的根拠でもって

意見をしようと思ってます。

会社が全く彼女たちを守ってくれないので

私が守らないと、彼女たちは泣き寝入りです。

わたしは、「そんな会社のために働かんでもいいよ」とは言ってます。

(いないと、私も困るんですけど、いやなら一緒にやめようねって言ってます)

いつも、私の手足となって働いてくれてますから、それくらいしないとね。

私は一応Drサイドなので、理事に言っちゃえば、すぐに圧力はかけてもらえるのですが、

こういった本当に基本的な常識の範囲のことは

わざわざ上に告げ口しなくても事務局レベルで解決できると思うので、

あえて、先に理事会には言わず、管理者の出方を見ているところです。

ところで、法律って読めば読むほど難しくて、

「じゃあ、こういうパターンはどうなるの?」などなど、奥が深い。

読みながらいろんな状況をシュミレーションして、頭がこんがらがってきます。

どんな法的根拠で覆されるか、ドキドキしてます。

どうにか勝ちたい!(てか、絶対うちらは間違ってないと思う)

負けず嫌いの血が騒ぎますぜ。

また、結論がでたら報告しますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仙台・東京旅行記

毎週末ずっと移動続きで、やっと学会旅行の報告です。

10月下旬の話なので季節ずれでごめんなさい・・・

まずは、出発から

鹿児島~仙台間はなんと直行便がありません。

ルートはおよそ大阪乗換えが基本ですが、我々は羽田で降りて新幹線という、

かなりめんどくさいルートにしてみました。

後日の観光メインっていうことなんですけど

あくまでも学会ですから。

お家を出たのは早朝6時過ぎでしたが、仙台到着はもう午後1時半過ぎ。

ホテルに荷物を預け、とりあえず急いで松島へ。

仙台といえば松島と牛タン、これはおさえないと。

しかも初の東北地方です。

九州人はなかなか行く機会が少ないでしょう。

200610191605000 なんとか、最終の遊覧船に間に合いました。

しかしながら湾内50分ほどの観光の後、下船するともう日も暮れて

これ以上の観光は無理でした(; ;)

夜はきちんと牛タンを堪能。私的には、焼肉の網の上のじゅうじゅう焼けるタン塩のほうが

好きですね。

翌日から2日間、学会に参加し、なつかしの面々に再会。

夜は夜中2時ごろまで元上司・後輩ともどもはじけておりました。

みな、同じ巣で学んだ者たちですが、教授の交代・新教授の方針変更・旧体制の崩壊?で

いまはちりじりになってしまいましたが、それぞれ新しい地で、

それぞれがんばっていて、

いまは一人で迷う事もありますが

いまの自分があるのは

この人たちのおかげ。

元気を分けてもらいました。

東京編へつづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

足が・・・

前のブログにかいた“ぶと”なんですけど、島出張から帰ってきて3~4日後にこんなに腫れました。

これは右足ですが左もです。気付けば歩けないくらいパンパンでした。足首まがらないの。

虫刺されぐらい・・・とたかをくくってましたが、さすがに皮膚科にいってみました。

A型はさされやすいそうですが、これはあんまりじゃね?200606132021000

なんか、セイウチの足みたい。すごいよ(笑)

きたない足で、ゴメンナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)