なつかしの鍋

今日は、福岡では知る人ぞ知る、鍋やさんのお話。

先週末、福岡に帰ろうとした矢先に、学生時代の同級生からメール。

「急に福岡に行くことになったので、日曜昼に犬丸、いきますか」

とのお誘い。

うぉー、ひさしぶりやん。即OK。

この「犬丸」とは、鶏料理屋さんで、メニューは鶏もも(or肩)のオイル焼き、からあげ、水炊き、ごはん、のメニューのみ。

某Q大生(医系キャンパス)御用達、というかQ大関係者の常連しか予約ができない

幻の店です。われわれは、幻じゃありませんが、もちろんTVの取材もほぼNGみたい。

私も学生時代からいってますが常連じゃないので、いつも友達にのっかって行ってます。

まず、店の入り口。

071209_155501

まるで、客を寄せつかないかのように半分閉まっているシャッター。

ちなみに営業日は、水、木、土、日。学生と一緒で夏休み、秋休み(学祭シーズンね)

など長期休み有り。

この店にはしきたりがあって、遅刻厳禁、人数変更不可です。

ドタキャンなんて許しません。行けなくなった人は、必死で代打を探します。

ケータイ時代で待ち合わせ時間もゆるいご時世には珍しく、みんな必ず

このときばかりは時間どうりに集まります。

不思議です。みんな5分前行動できるのにね。最近時間守らないよね。

店に入ったら、人数分のコップをもってお座敷へ入ります。

飲み物は、ビール、ワイン、ノンアルコールビールのみ。セルフです。

なのでお茶は各自持ち込みです。

まず、オイル焼き。

071209_164701

もも一個分。でかい。

んでもって、お皿の手前にあるのは、店オリジナルの激辛ソース。

これの仕込みのために、週の半分を休みにするほど入れ込んでいて、

高価、残すのは厳禁。おばちゃんに残してるのを見つかったら、もう出入り禁止です。

071209_164801

こんな感じであちこちのテーブルをまわります。

つけすぎると辛くて、次の日おしりがひりひりするので、とる量は慎重に考えて。

071209_172301

水炊き。これはだしになる鶏のぶつ切り以外は残してはいけません。

汁も!

具はシンプルで、とうふ、しいたけ、わかめ、はるさめ、白菜です。

はるさめに激辛ソースを絡めて食べます。

071209_172302

忘れてました。鍋の前に、からあげ、食ってます。ハニーマスタードソースがうまいです。

からあげは持ち帰ることができるので、これで胃の具合を調整します。

おなかすきすぎて調子にのってからあげ食べすぎると、あとで鍋をみたときに

後悔が脳裏をかすめます。 今回はこんだけ残しときました。

ご飯の写真忘れましたが、サイズは極々小、極小、小、中の4つ。

鍋の前にご飯のサイズを決めるので、注文時の腹具合で決めると後悔します。

極小がご飯茶碗1杯、小がどんぶり1杯、中はどんぶり山盛り。

女の子は、ご飯なしか、極々小が多いですが、

私はいつも極小。とうぜん、ご飯も残してはならない。 そして食べるときにはいつも後悔。

今回は日曜16時の予約でしたが、こんな中途半端な時間に超満員。

犬丸を食すと、その日もう何も胃に入りません。

最後に

071209_180801_2

ポスターの言葉はやさしい。でも雰囲気は、初めての人にはきっと怖い。

この店、こんなに客にやさしくないのに、グルメガイド本とかにのってたりするんです。

何も知らない人は、おどろきますよ。

そして、ビール飲んでもだいたい一人1200~1300円くらいでおさまる、超財布にやさしい。

この安さが、学生時代からとりこにさせるのよ。

Q大出身者は定期的に食べたくなる、悪魔の店。

ぜったい、あのソースにはなにか麻薬が入ってる!気がする。

ちなみにこの日は某医局の元教授のお通夜で

みんな福岡で出席ついでに食べに来たひとが多かったそうです。

なくなった方もきっと「ついでに犬丸かよ?」って言ってるはず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かごしま名産品

台風でえらいことになっています。

おととい奄美から台風に追われるように帰ってきました。

奄美レポはまだ写真の整理が出来てないので次回upするつもりです。

その前に、今回の島出張で、鹿児島には世の中にあまり知られていない

名産品や調味料などたくさんあるんだということに気づきまして、

→のように探して列挙してみました。

みな、私が実際に口にしているものです。

砂糖だけでも各島々のいろんなきび砂糖があります。

お塩も酢もいろいろ。フルーツもいろいろ(とくに柑橘系)

焼酎もごろごろ。全国の市場に出回っていない銘酒もあるんです!

さすが長寿の国、鹿児島でごわすね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あまみ

年明けから仕事が忙しくて、コメントのお返事がおそくなりました~

ほんとうにごめんなさい。

出張準備やら休日出勤やら、挙句の果てには腰痛と首肩こりが悪化しました。

姿勢の悪さですな、右肩と左腰です。やっとジム再開して、調子上がってきたかな?

というところです。

ところで、週初めに奄美大島へ出張いってきました。

南国~です。あったかい。

鹿児島も冬はさすがに12~3℃ぐらいにはなるので寒いんですよ。

1泊2日で仕事なので観光はそれほどできなかったのですが・・・

Cooking_photo_130 夜ご飯に行く途中にみかけた、なんか島の雰囲気満々なお菓子屋さん。

中のショーケースは、外観からは想像できないんですが

洋菓子でした。ふつーにショートケーキが並んでます。

夜のネオン街にいい感じでとけこんでます。

スーパーで発見!「みき」です。

御存知ですか?

200701152145000 白米、さとう、さつまいもを煮た南国の栄養補給ドリンク?!

牛乳パックのようないでたちで、飲み物かと思いきや、

かなりどろどろで、おかゆ状。

イタリアンのデザートのミルクリゾットのような味です。

私は以前宮古島に行ったときに島の名物というのでおみやげにしましたが、

宮古のはもっとさらっとして、カロリーメイトのドリンクのようです。

奄美にもあるというのは今回初めて知りました。きっと、南西諸島の独自の食文化

なんでしょうね。

翌日、午後にマングローブ公園へいきました。

Cooking_photo_132 本当はカヌー体験したかったのですが、時間がなくてあきらめました・・・

(; ;)

夏にまた行くことになってるので、そのときには絶対やります(仕事やっちゅうの)

おみやげです。

Cooking_photo_135 きび酢は、あるあるで昔やってたので実家にも頼まれてて買ってきました。

お塩は、鹿児島や沖縄の島に行くとそれぞれいろんなお塩があるので

いろいろ買ってみてます。最近は子宝の塩(小宝島)を使ってますが、このさんご塩は

結晶が荒いので、焼き物にいいかな~と。

真ん中はたんかんマーマレード。鹿児島の離島は柑橘系が名産で、ポンカンやらたんかんやらいろいろあってびっくり。

Cooking_photo_136 Cooking_photo_137

パッションフルーツです。なかはジュ~シ~。置いててもいい香りがしてます。

凍らせて食べてもおいしいです。

マングローブ公園の売店で5個580円でした。

空港はもっちょっと高かったのでラッキー(^^v

仕事か遊びかよくわかりませんね。

ちゃんとやってるんですよ、これでも。

楽しまないと、ストレスになりますから。(楽しみすぎ?)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

仙台・東京旅行記

毎週末ずっと移動続きで、やっと学会旅行の報告です。

10月下旬の話なので季節ずれでごめんなさい・・・

まずは、出発から

鹿児島~仙台間はなんと直行便がありません。

ルートはおよそ大阪乗換えが基本ですが、我々は羽田で降りて新幹線という、

かなりめんどくさいルートにしてみました。

後日の観光メインっていうことなんですけど

あくまでも学会ですから。

お家を出たのは早朝6時過ぎでしたが、仙台到着はもう午後1時半過ぎ。

ホテルに荷物を預け、とりあえず急いで松島へ。

仙台といえば松島と牛タン、これはおさえないと。

しかも初の東北地方です。

九州人はなかなか行く機会が少ないでしょう。

200610191605000 なんとか、最終の遊覧船に間に合いました。

しかしながら湾内50分ほどの観光の後、下船するともう日も暮れて

これ以上の観光は無理でした(; ;)

夜はきちんと牛タンを堪能。私的には、焼肉の網の上のじゅうじゅう焼けるタン塩のほうが

好きですね。

翌日から2日間、学会に参加し、なつかしの面々に再会。

夜は夜中2時ごろまで元上司・後輩ともどもはじけておりました。

みな、同じ巣で学んだ者たちですが、教授の交代・新教授の方針変更・旧体制の崩壊?で

いまはちりじりになってしまいましたが、それぞれ新しい地で、

それぞれがんばっていて、

いまは一人で迷う事もありますが

いまの自分があるのは

この人たちのおかげ。

元気を分けてもらいました。

東京編へつづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鶏飯

ひさびさの更新です。

10月1週目2週目とも出張がかさなり、先週も学会で仙台・東京めぐりの旅をしてました。

晩御飯もあまりつくってなくって、ちゃちゃっとできるかんたんなものになってました。

鶏飯は奄美大島の郷土料理なんですが、胃にやさしくて大好きです。

ご飯作りがめんどい、食欲ない、二日酔いの胃にぴったり。

Cooking_photo_077 鶏ささみをゆでてさいたものと、錦糸玉子、大葉、みょうが、紅しょうが、パパイヤのお漬物などの具をのっけて、あつい鶏だしのスープをかけていただきます。

さすがに、パパイヤの漬物はうちにはありません。(本場のにはだいたいはいってます)

私は、ささみをゆでたスープにお塩、しょうゆ、鶏がらスープの粉末少々で味をととのえました。

奥は、パプリカの焼きマリネ。

仙台・東京日記はまた後日upします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

しろくま!

鹿児島うまいものめぐり第2弾!です。

炊き肉のあとに、お客さん、どうしてもしろくまも・・・ってなことで

Cooking_photo_066 おいおい、炊き肉食べて死ぬ~って言ってたのはどいつだよw

カキ氷なんでこの時期食べてるのは鹿児島・沖縄あたりですかね?

なにせまだ日中は28℃くらいになってますから。

ブーツの人とサンダルの人がクーラーがんがん効いた市電にいっしょに乗ってますから。

さっきテレビで県民性みたいな番組やってて、鹿児島のソウルフードは?って問いかけに

インタビューを受けた鹿児島出身のおばちゃんが、「しろくまです!」って言ってました。

200609222101000

ちなみに・・・・・・

お店のショーケースにはしろくまもいらっしゃいました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炊き肉2

以前、炊き肉について、いちど書いたことがあったんですけど、週末にお客さんが来たので

また連れて行ってきました。(ほんとは来週も職場でいくことになってるんです・・・)

黒豚はどこでも食べられるけど、炊き肉は食べられないし、正直鹿児島で炊き肉以上においしいものに

まだ出会っていないので・・・これがいちばんうまい!

今回はちゃんと写真を撮ってきたので、実物をお見せできます。

Cooking_photo_029 食事前。

この、独特の形の鉄板に、土手状になっているのはロース・カルビ(やや薄切り)・イカ・キャベツ・もやし・・・野菜いっぱい。

中央のくぼみにだしスープが入っていて、ぐつぐつきたら周りの土手をくずしてくぼみにいれ、火が通ったら

食べる。だしだけだとあっさり、さらにたれにつけて食べるとまたおいしい。

肉がなくなるころに、うどん、最後はさらにご飯まで投入され、もう死ぬかと思うくらいおなかぱんぱん。

Cooking_photo_030 残骸・・・・

今回はカルビ・ロース・イカセット1人前3000円。

女2人でたいらげました。

でも、とくにいかが入る必要もなければたしか2000円くらいからセットがあって、

うどん・ごはんもついてるから、焼肉やより安いしおいしいし。ひとり3000円あればお酒も飲めて大満足。

女性客には、お店の大将のしょうもないだじゃれが大炸裂。

これからは、黒豚じゃなく、炊き肉です。

by炊き肉を鹿児島名物にしよう会

| | コメント (5) | トラックバック (0)